本文へスキップ

手話と手話通訳士で手話の入門から・・・

                     手話検定試験

手話とは/手話通訳士になるには

手話とは

手話手と腕の動き、手の形や位置で、特定の概念(たとえば「山」、「泳ぐ」など)を表す表意記号である。

手話は主として重度聴覚障害者が用いる言語で、聾者(ろうしゃ)の母語ともいわれる。
手話言語では、手話が表出される空間内の位置や顔の表情、顔や身体の動きなどによる情報も積極的に用いられる。

手話の語数は、日本では従来、3000〜4000といわれ、重度聴覚障害者はこれらの手話を組み合わせて、思いや考えを伝達する。

1980年代以降、重度聴覚障害者の社会的活動の広まりや、高等教育への進出などから、新たな手話がつくられ、数万語に達しているともいわれている。

古くから重度聴覚障害者の生活の場で使われてきた手話を「日本手話」といい、教育の場を中心に日本語の文法に対応して使われる手話を「日本語対応手話」という。

また、重度聴覚障害者と健聴者とのコミュニケーションでは、これらの手話の中間的な形のものが用いられる場合も多く、これは「中間型手話」とよばれる。

また、日本語の五十音(仮名文字)を片方の手の指で表す、指文字(ゆびもじ)も手話に含まれることがある。

一般に指文字は、手話や口話と組み合わせて使われ、手話と指文字の使用を「手指法(しゅしほう)」ということもある。

手話は、教育の場や福祉などの公共の場で広く使用され、いっそうの広がりをみせている。

これらの場では、手話通訳者が重要な役割を果たすが、充分な確保は難しいといった状況もある。

手話入門講座

   生涯学習のユーキャン

初めて手話を習う方でも、週2日の学習で無理なく上達できるカリキュラムなので、ぜひこの機会に始めませんか。


手話と手話通訳士

■手話とは
■日本の手話
■手話通訳士の仕事
■手話通訳士になるには

手話通訳士検定

■手話通訳士検定試験概要
■各級のレベルと目安
■手話通訳士1級
■手話通訳士準1級
■手話通訳士2級
■手話通訳士準2級
■手話通訳士3級
■手話通訳士4級
■手話通訳士5級
■手話通訳士6級
■手話通訳士7級