本文へスキップ

手話と手話通訳士で手話の入門から・・・

                     手話検定試験

手話通訳士の仕事/手話通訳士になるには

手話通訳士の仕事

手話手話通訳士の仕事は、手話の読み取り通訳とあらゆる音声言語(ここでは音声日本語と解して構いません)の聞き取り通訳です。

しかし、手話通訳士は外国語を通訳する場合と違い、通訳の基本的な倫理を踏まえるだけでなく, 聴覚障害者の特性を理解した通訳が求められます。

また、手話は地域や年代によって表現方法や意味が異なるので、その違いや使い分け方を瞬時に理解する能力も求められます。


現在、手話通訳士の活躍する場としては、聴覚障害者のいる行政機関・団体・企業や病院や役所など聴覚障害者が存在するまたは出向くあらゆる所が挙げられます。

また、手話講習会の講師として活動する人もいます。

しかし、国家試験ではなく公的資格のため、残念ながら、現在は手話通訳士の資格を生かし、手話通訳専業で生計を立てるのは困難。

行政職員なども募集があるといっても、欠員募集程度でなかなか手話通訳士として就職するのは、難しいのが実情です。

現在、活動している手話通訳士のほとんどは嘱託もしくは非常勤職員かボランティアです。

最近では、正職員として採用されるところも増えてきましたが、これも職業としてではなく、兼務の形がほとんどです。

まだまだ試行錯誤の状態が続いていますが、手話通訳士(者)を支援する関連団体の職業としての確立に向けての運動が活発に行われており、徐々に成果を出しつつあります。

手話入門講座

   生涯学習のユーキャン

初めて手話を習う方でも、週2日の学習で無理なく上達できるカリキュラムなので、ぜひこの機会に始めませんか。


手話と手話通訳士

■手話とは
■日本の手話
■手話通訳士の仕事
■手話通訳士になるには

手話通訳士検定

■手話通訳士検定試験概要
■各級のレベルと目安
■手話通訳士1級
■手話通訳士準1級
■手話通訳士2級
■手話通訳士準2級
■手話通訳士3級
■手話通訳士4級
■手話通訳士5級
■手話通訳士6級
■手話通訳士7級