本文へスキップ

手話と手話通訳士で手話の入門から・・・

                     手話検定試験

手話通訳士検定試験/手話通訳士になるには

手話通訳士検定試験

手話【試験方法・試験時間】

試験方法 試験時間
1級 実技試験。ディスカッションと課題文表現。
準1級 筆記試験。長文の書き取り。 90分
2級 実技試験。課題文表現と質疑応答。
準2級 筆記試験。4択(マークシート)と長文書き取り。 100分
3級 筆記試験。4択(マークシート)。 80分
4級 筆記試験。4択(マークシート)。 70分
5級 筆記試験。4択(マークシート)。 70分
6級 筆記試験。4択(マークシート)。 50分
7級 筆記試験。記述式。 30分


手話入門講座

   生涯学習のユーキャン

初めて手話を習う方でも、週2日の学習で無理なく上達できるカリキュラムなので、ぜひこの機会に始めませんか。


手話と手話通訳士

■手話とは
■日本の手話
■手話通訳士の仕事
■手話通訳士になるには

手話通訳士検定

■手話通訳士検定試験概要
■各級のレベルと目安
■手話通訳士1級
■手話通訳士準1級
■手話通訳士2級
■手話通訳士準2級
■手話通訳士3級
■手話通訳士4級
■手話通訳士5級
■手話通訳士6級
■手話通訳士7級