本文へスキップ

手話と手話通訳士で手話の入門から・・・

                     手話検定試験

手話通訳士準2級/手話通訳士になるには

手話通訳士準2級

手話
■受験資格 なし
■受験料 6,000円
■試験方法 筆記試験(マークシート+記述式)100分

■受験レベル

単語数:2000程度
例文数:制限なし
手話学習期間:3年(240時間)程度

ろう者的手話(日本手話)または難聴者的手話(日本語対応手話)のどちらかを使用して聴覚にしょうがいのある人と自由に会話ができる。専門分野を含む単語2000語を読み取ったり表現したりすることができる。


■試験方法

映像の読み取り試験です。試験は4択で、マークシートを使用します。

①試験が始まると、手話がビデオの映像で流れます。映像は続けて2回流れます。


②その手話を読み取り、問題用紙から解答を選びます。
 試験ビデオはそのまま続いているので、その場でマークシートに記入するより、問題用紙に○をつけておくといいでしょう。


③ビデオが終了すると、転記時間がありますので問題用紙に○をつけた解答をマークシートに転記します。



映像の読み取り試験です。手話を読み取り、文章にして書き取ります。

①試験が始まると、手話がビデオの映像で流れます。映像は続けて2回流れます。


②手話の文章を読み取り、解答用紙に記入します。
手話を読み取りながら文章を書くのは難しいので、メモに単語や数字などを書いておくといいでしょう。※メモは問題用紙に設けられている場合と、別紙で配布する場合とがあります。


③ひとつの問題が終了すると内容をまとめる時間が設けられていますので、メモした内容を文章にしやすいようにまとめてください。


④ビデオ終了後、転記時間がありますので解答用紙に文章を清書してください。


手話入門講座

   生涯学習のユーキャン

初めて手話を習う方でも、週2日の学習で無理なく上達できるカリキュラムなので、ぜひこの機会に始めませんか。


手話と手話通訳士

■手話とは
■日本の手話
■手話通訳士の仕事
■手話通訳士になるには

手話通訳士検定

■手話通訳士検定試験概要
■各級のレベルと目安
■手話通訳士1級
■手話通訳士準1級
■手話通訳士2級
■手話通訳士準2級
■手話通訳士3級
■手話通訳士4級
■手話通訳士5級
■手話通訳士6級
■手話通訳士7級